Android SDK のみの Linux へのインストール

Jenkins での自動ビルドなどで、 Android SDK 単体をインストールしたくなることがあるが、その時困った情報をメモ。

手順メモ

Ubuntu 16.04 を使用

  • openjdk-8-jdk, gralde をインストール
  • Android Studio のページから、 SDK のみの Linux 版をダウンロード。sdk-tools-linux-*.zip というファイル名だった。
  • 解凍すると tools というディレクトリができた。
  • /opt/android-sdk を作成し、先ほどのディレクトリは /opt/android-sdk/tools に配置した。環境変数 ANDROID_HOME は /opt/android-sdk に設定。
  • sudo /opt/android-sdk/tools/bin/sdkmanager “platform-tools” “platforms;android-26” 的な感じでインストール
  • /opt/android-sdk はビルドする対象(Jenkins とか)から書き込めるパーミッションに設定
  • (環境構築とは別) Windows 版の Android Studio で作成されたディレクトリを使用するにあたり、 (PROJECTROOT)/graldew を chmod +x する必要があった。

参考サイト

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.