VyOS 負荷測定 on Protectli Vault FW1

Protectli Vault FW1 に VyOS を入れて、一応はファイヤーウォールも形だけ設定した状態での速度を計った。1Gbps リンク程度なら Celeron J1900 でも余裕な模様。

なお、自宅配線の都合上別のルータが挟まっていたりしてこれも正確な測定ではない。あくまで Vault FW1 + VyOS の負荷状況を確認するもの。

ルール

(show config の結果のうち NAT に関係ないものは省略、よくわからないけど公開するほどでもない LAN 内のパラメタは **** にした)

firewall {
    all-ping enable
    broadcast-ping disable
    config-trap disable
    ipv6-receive-redirects disable
    ipv6-src-route disable
    ip-src-route disable
    log-martians enable
    name WAN_TO_LAN {
        default-action drop
        rule 100 {
            action accept
            state {
                established enable
                related enable
            }
        }
        rule 110 {
            action accept
            destination {
                port 22
            }
            protocol tcp
        }
        rule 120 {
            action accept
            destination {
                port 5001
            }
            protocol tcp
        }
    }
    receive-redirects disable
    send-redirects enable
    source-validation disable
    syn-cookies enable
    twa-hazards-protection disable
}
interfaces {
    ethernet eth0 {
        address dhcp
        duplex auto
        firewall {
            in {
                name WAN_TO_LAN
            }
        }
        hw-id ****
        smp-affinity auto
        speed auto
    }
    ethernet eth1 {
        address ****
        duplex auto
        hw-id ****
        smp-affinity auto
        speed auto
    }
    ethernet eth2 {
        duplex auto
        hw-id ****
        smp-affinity auto
        speed auto
    }
    ethernet eth3 {
        duplex auto
        hw-id ****
        smp-affinity auto
        speed auto
    }
    loopback lo {
    }
}
nat {
    destination {
        rule 1 {
            destination {
                port 23
            }
            inbound-interface eth0
            protocol tcp
            translation {
                address ****
                port 22
            }
        }
        rule 2 {
            destination {
                port 5001
            }
            inbound-interface eth0
            protocol tcp
            translation {
                address ****
                port 5001
            }
        }
    }
    source {
        rule 99 {
            outbound-interface eth0
            source {
                address ****
            }
            translation {
                address masquerade
            }
        }
    }
}

WAN -> LAN (LAN 側が iperf における -c)
転送速度

[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec  1.09 GBytes   932 Mbits/sec

LAN -> WAN (LAN 側が iperf における -s)

[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec  1.09 GBytes   933 Mbits/sec

WAN -> LAN の際の Vault

%Cpu(s):  0.0 us,  0.2 sy,  0.0 ni, 93.3 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  6.5 si,  0.0 st

このページで出せる考察

ジャンボフレームなどは無効なまま iperf でこの速度が出ているので、ギガビット(TCP/IP ならペイロードは理論値で 950Mbps 未満なはず?)は使い切って CPU が余っているといえそう。

2 thoughts on “VyOS 負荷測定 on Protectli Vault FW1

  1. ピンバック: ルータの自由度を上げるために Protectli Vault FW1 を買ってきた | にろきのメモ帳

  2. ピンバック: OPNsense を Protectli Vault FW1 にインストール、 VyOS と簡単に比較 | にろきのメモ帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください