Windows 8をICONIA Tab W500にインストール

タイトルの通り、Windows 8をICONIA Tab W500にインストールした。これまでRelease Previewが入っていたが、別に大きな変化があったわけではない。ただインストールのメモ。

この世代のタブレットを持っていてこれからバリバリ使おうなんていう人も少ないだろうし、大雑把に。

とりあえずUSB DVDドライブにディスクを突っ込んで起動、インストーラーが起動するので指示に従ってインストール。強いて言えばパーティションで変なことしている人は悩むかもしれないがその悩みは自己解決できるもの(言っている意味がわからない場合はデフォルトでよい)。何かと入力するものがキーボードはあると何かと楽だが、なくてもインストールはできる模様。DVDブートに必要ならないと無理だが。めんどいし手元にキーボードがあったからBIOS画面に入ったが。

で、駆け足でインストール・設定する場合は

  • Windows 8のOSそのものをインストール
  • 加速度センサドライバ(Win8用が出ている)をインストール
  • Device Controlをインストール
  • Metroの方の個人設定で、キーボードをフルキーボード(ハードウェア準拠のキーボードとか書いてある)選択可能に
  • 同じく個人設定でソフトウェアキーで音が鳴らないように
  • 同じく個人設定で他のデバイスとの同期設定を好きなようにいじる
  • IE10の初仕事としてFirefoxをbingで検索・ダウンロードさせインストール(ぁ

あたりすればとりあえず使える。中二つは回転ロックスイッチを切った状態で傾けた時に縦横が切り替わるようにするためのもの。

むしろ戸惑うとしたら、Windows 8はログインがローカルログイン用のアカウントではなくMicrosoftアカウントとかいうやつでログインを勧められる点(詳しくはぐぐるとたくさん情報が出てくるが、パソコンそのものへログインするのにMicrosoftアカウントというMicrosoft側に認証サーバーがあるやつを使用するシステム。なお、こちらを選択するとまっさきに心配する「ネット繋がらなかったらどうすんの!?」だが、ネットが切れた場合は最後にログインした時のパスワードで構わないらしい)。MicrosoftアカウントでログインしないとMetro用のアプリがWindows Storeからインストールできない他、Microsoftアカウントでログインすると設定の同期とかアカウントの統合とか色々使えるらしい。詳しくは調べていないのでこれから調べたいと思う。

多分、デスクトップ(タブレット以外のもの、つまりノートも含む)の場合、Microsoftアカウントを使用せずローカルログインの方が何かと楽だろう。なかなか痛い問題点として、Microsoftアカウントでログインするとユーザーのホームディレクトリの名前に漢字が入るという点。タブレットの場合はMicrosoftアカウントがないとWindows Storeが使えないし、Microsoftアカウントを前提としたアプリもあるのでMicrosoftアカウントしかないだろう。もし生理的に受け付けないなら一応アプリケーションをインストールする時だけMicrosoftアカウントに切り替えるとか、アプリインストール用(というか管理用)のMicrosoftアカウントと普段使いのローカルアカウントを両方用意することとかもできるが。

あとスタートメニューはWin7方式にする外部アプリケーションを入れたい。タブレットであっても旧方式の方が何かと楽だろう。新しい方式はモダンだが、操作手順は増加している。 # というかWin8のインターフェイスは色々改善されているけどタブレット対応部分については難があるような気もしており。正直Win7に戻そうかとも、まあWin7に戻すモチベーションにはそれ以外にWin8が大学絡みのライセンスで商用利用というか学習以外の利用ができないライセンスであることもあるのだが。

とりあえず、パソコンに慣れた人でWindows 8を導入する場合には、Microsoftアカウントの存在とWindows 8との関係についてよく調べてからのほうがいいだろう。なんにせよ僕はまだあまり調べていないのでこの記事はあてにしないで。

あと一部の人々は、Win8の画面にでかでかと表示された「スタート」とか「アプリ」とかのタイトル文字をみて「うわぁえむえすぴーごしっくや。」とか言わないように。

ううむ。書く前からそうなるんじゃないかとは思っていたが、今日の記事はぐぐればすぐ出てきそうな情報しか書いてない。書く意味あったのか。まあいいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください